スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
発症の原因
20081214102425
5(金)のお昼ぐらいから、ちょっとようすがおかしくなりました。
お掃除の時間には立てなくてできなかったそうです。
下校のときも先生と一緒に帰ってきました。
顔面蒼白でしんどそうだったのでとりあえず布団で寝かせました。
2時間ほど寝た後、着替えのためパジャマを脱ぐと右ひざがパンパンに腫れあがっていました。
これは病院に連れていかないとダメだと思い起き上がらせようとすると、もう全身の関節を痛がり動けず。
近くの個人総合病院へ。
その日は整形外科の先生がいないため、外科の先生に診てもらいましたが痛み止めをもらって土曜日また来てくださいとのこと。
私はとても仕事に行ける状態ではないので旦那に早めに店を閉めるように電話しました。
思えば2週間ほど前から前兆がありました。
時々しゃがめないほど太ももあたりを痛がっていました。筋肉痛か成長痛だと思ってシップを張ってあげていただけでした。
原因として考えられるのは少し風邪をこじらせていたのでそのときに何かのウイルスが血液に入り込み炎症を起こしていったのだそうです。

焼肉の大寅:奥村 千恵
スポンサーサイト
【2008/12/14 10:24 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<病院で勉強中 | ホーム | アレルギー性紫斑病>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。