スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
風邪と愛の秘薬、サムゲタン。
【祝】婚約!
藤原紀香が、陣内智則が風邪のときに作ってあげたというサムゲタン。

あなたも簡単レシピを参考に愛の料理を作ってみてください。

<材料>
若鶏1羽、もち米1/4カップ、にんにく2かけ、なつめ 2個、高麗人参1本、青ねぎ1本、生姜1かけ、わけぎ2束、塩、コショウ適量、水
<サムゲタンの作り方>
1)500gぐらいの若鶏(小さめな鶏)を選びます。
2)もち米を洗い、水につけて水分を吸って白っぽくなるまで置いておきます。
3)高麗人参は中ぐらいの大きさのもの(10cmほど)を、包丁で皮をそいで置きます。また栗は薄皮をとり、ナツメはきれいに洗い、ニンニクは薄皮をとって準備します。
4)鶏の内臓を取り出してきれいに洗います。
5)お腹の中にもち米、高麗人参、栗、なつめ、にんにくを入れて出ないようにつまようじでとめます。
6)鍋に鶏を入れ、かぶるぐらいの水を注いで、強火で煮込みます。煮立ってきたら火を弱め、スープが濁って白くなるまで長時間煮込みます。
7)出来上がったら、好みで塩をコショウで味付けして食べます。

またサムゲタンを作る時、こってりとしたスープが好きという場合は長い時間煮込み、歯応えのある鶏肉を食べたいという場合は短時間でサッと調理するのが良いですよ!家庭で作る場合は圧力鍋で作ってもOK。これなら短時間でやわらかい鶏肉が出来ます。

私には ちょっと無理~
というかたには温めるだけの大寅のサムゲタンでごまかしましょう

サムゲタン

スポンサーサイト
【2006/12/27 17:31 】 | 焼肉 | コメント(0) | トラックバック(1)
| ホーム | 次ページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。